ふなおワイナリーTOPへ
ワイナリーニュース ワイナリー施設案内 ショッピング ワイナリー周辺案内 マスカットの話 リンク お問合わせ
ふなおワイナリー周辺 散策マップ
ふなおワイナリー周辺情報をご案内致します。マップの上にカーソルを合わせると拡大表示されます。

  • 愛宕山散策マップ
  • 倉敷市船穂のんびりマップ

風薫る「ふなおワイナリー」へお出かけ下さい

写真でふなおワイナリーとその周辺をご案内致します。順を追ってご覧ください。

幻の葡萄「シラガブドウ」の保護甫場

ふなおワイナリーすぐ近くの愛宕山森林公園

愛宕山から見える風景

大型温室によるマスカット加湿栽培


「一の口水門」と「高瀬通し」のこと
”一の口水門と高瀬通しの会”小野昇氏よりお聞きしたことをご紹介します。
史実として1674年(延宝2年)備中松山城主 水谷勝隆、勝宗候は高梁川河口に507haの新田を開発、高瀬舟通航のため日本最古の閘門式運河・備中の高瀬通しを開通とあります。

高瀬通しの起点、一の口水門は、ふなおワイナリーの極く近いところに今も残っています。
運河を守る石の砦のような強固な構えを観ることができます。

高梁川から分かれた高瀬舟はここを抜けて高瀬通しに入ります。
一の口水門から二の口水門の間は、川を下った高瀬舟、玉島港から上った高瀬舟の舟だまり。2つの水門による水位調節を待ちました。二の口水門から約1km下流にあり、質実剛健な美しさを観せる、又串水門は県内最古の石造農業水門であります。
備中の繁栄を運んだ大運河(パナマ運河より約240年も前に造られている)の起点が今もなお船穂町に残っています。

一の口水門に近いところに高梁川を渡る”水江の渡し”が運航されています。高梁川を渡るわずか5分程の船旅ですが、通学や買い物、ハイキングやサイクリングに行く人達に今なお利用されています。
”水江の渡し”は市道なので費用は無料です。

”水門の見学”、”水江の渡し”などふなおワイナリーの近くには見所がありますよ。
Winery News ワイナリー施設案内 ショッピング ワイナリー周辺案内 マスカットの話 Link お問い合わせ
Copyright(C)2004 Funao Winery All right reserved.